英語教室×ラグビーレッスン!
RGラグビー教室 東京・江東大島校

指導コンセプト

【指導コンセプト】ラグスター ラグビー教室 東京・江東大島校

 STEP1
フィジカル <Physical>
ラグビーをするうえで最も必要な体の「幹」を鍛え、世界に負けない強靭な体を作るための基礎を養います。
 STEP2
スキル <Skill>
チームプレーだけでなく日本人に欠けている「1on1」のスキルを開花させます。
 STEP3
モチベーション <Motivation>
日本国外のラグビー文化に触れることで夢が広がり、世界に視野が広がります。
 STEP4
コミュニケーション <Communication>
ラグビープレー人口の8割以上は英語を使い、英語を話すことはプレー以前のマナーです。
 STEP5
ディシプリン <Discipline>
反復練習によってどんな状況であっても、規律に準じた最大限のパフォーマンスを発揮させます。

.

GRP (Global Rugby Player)とは、ラグスターが将来世界レベルで活躍できる選手を育成するために独自開発した国内初となるラグビー教育プログラムです。
2019年のラグビーワールドカップにおいて、日本代表の快進撃は海外リーグでプレー経験のある日本人選手が増えたことや、英語を母国語とする指導者や選手たちと共存し、フィールド上においても英語でコミュニケーションを活発に取り合うことで、より世界基準のラグビーに近づいたからではないでしょうか。身体の大きな強い外国人選手と対等にコンタクトできるフィジカルの強さや、決められた規律の中でも常識の捉われない応用プレーはもちろん、通訳を介さずに外国人指導者との意思疎通や、英語で国際レフリーとコミュニケーションを図ることは、次世代のラグビー選手には必須の能力と言えます。
ラグスターでは、世界で活躍したい選手のために、座学では教科書には記載されていないラグビー英単語や会話のパターンを習得し、実技では海外チームでプレーや指導経験のある元日本代表のコーチが英語を用いて指導を行います。
さぁ、一緒に世界を目指そう! Let's play Rugby in English!!

.

.

▲ページのトップへ